骨盤矯正は美容で重要となる

「あの憧れのモダルさんのような身体を作りたい!」などと願望を持っている人もいることでしょう。
確かにモデルのような体型を作るのは簡単なことではありませんが、骨盤ダイエットならその願望を叶えることが出来るのです。 最近テレビや雑誌などで骨盤ダイエットが取り上げられることが多くなり、見た目の美しさには欠かすことの出来ない存在となってきました。
このまま骨盤の歪みを放っておきますと、美しさを求めるための大きな障害となってしまうのです。

 

「私はO脚で悩んでいる」という女性も多いかと思いますが、これは日本人に多い傾向にあります。
そしてO脚となってしまうことにより、改善することが困難となり、とにかくまず始めに骨盤矯正が必要になるのです。
大腿骨に大きな歪みが現れてしまうと、元々はまっすぐ伸びている大腿骨と頚骨のバランスが崩れてきてしまいます。
スマートで美しいスタイルを求めているのでしたらこれは天敵であり、不自然なスタイルを作ってしまうことになるのです。

紙袋
http://ino-ue.jp/



骨盤矯正は美容で重要となるブログ:10月07日

人間誰しも「思いこみ」と言うものがあります。
実はこれって意外といろいろなことが当てはまるんです。

「13時12:00が近くなると腹が空いてくる」
これも「思いこみ」の場合が多いです。

例えば…
午前中9時ごろに午前中食を食べたら、
ほとんどの場合、腹は空いていないと思います。

しかし娘の頃からの生活習慣で
「12:00になったら13時食」という風に教え込まれています。

だから、腹が空いていないにも関わらず、
12:00になったら食事がしたくなるのです。

3時のおやつもしかりです。

午後一時近くまで食事をしていたのなら、
午後3時は食事後二時間程度しか経過していません。
二時間程度なら、さほど腹は空いていないはず…

でも、「3時の時計」を見ると「あ、おやつの時間だ」と思い、
それによって本来は腹は空いていないのに
食欲が出てくるのです。

実際には腹が空いていないのに、
思いこみによる食欲はまだまだあります。

・テレビのCMやグルメ番組を見る
・街角で美味しそうな匂いが漂う
・美味しそうな回転寿司の看板を見る
・飲み会の後は塩ラーメンで締める…

などなど、
慣習や情報で食べたくなる食欲ってたくさんの場面が挙げられます。
これを「認知性食欲」と呼ぶそうです。

一方、
人間が栄養不足になって、腹が空いて出てくる食欲は、
「代謝性食欲」と呼ぶそうです

現代の飽食の日本において、
本来の「代謝性食欲」が起こる場面はさほど多くありません。
そうなる前に「認知性食欲」で食べてしまっているからです。

シェイプアップをうまく進めるコツは、
この「認知性食欲」をどうコントロールするかということが
大きな成功のカギなんですね。